(口コミ食レポレビュー)たまにはホテルランチでデートもいいね!インターコンチネンタルホテル大阪・パティスリーSTRESSED(ストレス)ワンプレートランチを食べてみた!

インターコンチネンタルホテル大阪・パティスリーSTRESSED(ストレス)はグランフロント大阪北館の最北端にあります。
いつもは人通りの多いグランフロント大阪ではありますが、さすがに北館の最北端ともなれば、人通りも減ってきて、落ち着いた雰囲気に包まれます。
外からはお庭も見えてのんびりした風景の中、優雅にホテルカフェはいかがですか?
インターコンチネンタルホテルといえば、一流中の一流ということで、お値段もかなりお高いイメージがありますが、2000円以内で食べられるワンプレートランチがあるというので早速食べてきました。
それでは、レビューします!

 

一休のクーポンを使えばお得!ワンプレートランチが17%オフの1450円になる!

今回、パティスリーSTRESSED(ストレス)に行くにあたって、一休のクーポンを使ってみました。
一休のクーポンを使えば、通常1750円のワンプレートランチが1450円になるんです。
それだけでなく、10時から12時入店限定のクーポンにすれば、1ドリンクがついてくるのでさらにお得です。
今回はもともと午前中に行く予定だったので、1ドリンクがサービスされるワンプレートランチのクーポンを使ってみました。

 

禁断のインターコンチネンタルホテルに潜入!しばし高級感に酔いしれる

さっそくパティスリーストレスに入って注文、と思ったのですが、その前にトイレに行くことになりました。
トイレは実はパティスリーの中を通ってホテルの中にあります。
インターコンチネンタルホテル大阪って高級すぎてなかなか中も入りにくいところがあるのですが、今回、トイレに行くというチャンスがあって思いがけずインターコンチネンタルホテル大阪の中に潜入することができました!

中はこんなふうに調度品が飾られていました。
静かで厳かな雰囲気です。
室内はいい香りで充満していました。

ごつごつとした壁もインテリア性があって素敵です。

トイレはこんな感じ。
木製の洗面台に透明の洗面ボウル。
リゾート地に来たかのようなおしゃれな雰囲気です。

もちろん、車いす用のトイレもあります。

中にはフラワーショップもありました。

この階段を上がるとパティスリーストレスに到着です。

豪華な雰囲気に酔いしれる!のんびりとした昼下がりにはやっぱりホテルランチが気分です

さあ、いよいよ食事です。
予約していたことを告げると、予約席に案内してもらいました。
ソファーの大きなゆったりした席です。
ちょうど通された場所は柱の奥で、たまたまなのでしょうが個室のような雰囲気になっていました。

メニューを渡されましたが…。
写真がない。
高級なところは写真がないのですね。
予定通り、ワンプレートランチにしました。

ワンプレートランチはサラダ、セイボリー、本日のデザートがワンプレートに乗っています。

サラダは
・キャロットオレンジサラダ
・キヌアとパプリカのサラダ ハウスドレッシング

セイボリーは
・ポレンタロールとボーンハムのサンド コールスローとフライドオニオン BBQ ソース
・トマトとモッツアレラとロケットリーフの全粒粉トルティーヤラップ
・オリーブチャバタとグリルベジタブル
・全粒粉トルティーヤラップ 茄子とフェタチーズとほうれん草
・スモークサーモンとフェンネルのキッシュ
・ベーコンと西洋ネギのキッシュ
・グリュイエールチーズのタルト オニオンキャラメリゼとマッシュルーム

から選べます。

こちらは、キャロットオレンジサラダとベーコンと西洋ネギのキッシュです。
本日のデザートはバームクーヘンでした。
お誕生日ということを伝えておいたらプレートを付けてもらえましたよ。

こちらがキャロットオレンジサラダです。
にんじんはやや硬めで食感が楽しめます。
オレンジの酸味とうまくマッチしてさわやかなサラダとなっていました。

こちらはベーコンと西洋ネギのキッシュです。
上から見てもわかるほどにベーコンとネギがたっぷり入っていましたよ。
キッシュならではのふんわりした感じがお上品でした。

こちらがキヌアとパプリカのサラダハウスドレッシングとグリュイエールチーズのタルトオニオンキャラメリゼとマッシュルームです。

こちらがキヌアとパプリカのサラダハウスドレッシングです。
キヌアといえばスーパーフードですが、プチプチとした食感がなんだかおもしろかったですよ。

こちらがグリュイエールチーズのタルトオニオンキャラメリゼです。
おなかにずっしりきて、チーズの香りも感じられおいしくいただけました。

こちらが本日のデザートのバームクーヘンです。
バームクーヘンは切れ目が正確。
実はこちらのパティスリーストレスでは、ケーキセットもあるのですが、ケーキセットは1カットいくらで売っているだけでなく、プラス4センチごとに金額を追加すれば好きな大きさで買えるんです。
2個は多いけれど、1個じゃ物足りないなんてときにはこういう買い方っておもしろいなって思いますが、日本ではこんな売り方しているところはじめてだったので、ちょっとびっくりしました。
そういう意味で、こちらでは切れ目は正確なんでしょうね。
甘さ控えめで上品なお味でした。

 

いくつかの種類からセレクトできるところがうれしい、お茶にテンション上がりまくり!

今回はワンドリンクサービスということで、ドリンクもいただきました。

ドリンクは紅茶とコーヒーがあったのですが、紅茶はいくつかの種類から選べるんです。

・インターコンチネンタルホテル大阪 オリジナルブレンド
・ヌワラエリヤ
・フレンチアールグレイ
・イングリッシュブレックファースト
・ロイヤルダージリン
・ジャスミンクイーン
・ピンクフラミンゴ
・ナポレオン
・バニラブルボン
・カモミール
・アレキサンドリア

です。

こちらは、インターコンチネンタルホテル大阪 オリジナルブレンドです。
正統派紅茶といった感じのお味で、いろんな味わいが感じられました。
変わり種の紅茶が苦手という人はこちらの紅茶が安心かもしれませんね。

こちらはピンクフラミンゴです。
水色がピンクなんですね。
味はローズヒップの味です。
酸味が効いておいしかったですよ。
お茶には小菓子がついてきてドリンクだけでも楽しめますね。

お茶はこんな感じのスティック型のストレーナーです。
中に茶葉が入っていて、お湯の中でゆらゆらすれば味が出るというからくりですね。

使い終わったら、こんな感じにスティックにさせるようになっています。
なんともスタイリッシュですよね。
ストレーナーの形がハートというところもまたポイント高いですよね。
インスタ映えすること間違いなしです。

いかがでしたか?
ちょっと非日常を味わいたいというときにはおススメですよ。

 

インターコンチネンタルホテル大阪・パティスリーSTRESSED(ストレス)ついてもっと知りたい

インターコンチネンタルホテル大阪・パティスリーSTRESSED(ストレス)はどんな様子なのでしょう。
こちらで詳しくレポート

インターコンチネンタル大阪・パティスリーSTRESSED(ストレス)への行き方 JR大阪駅からどうやって行ったらいいの?

 

インターコンチネンタルホテル大阪・パティスリーSTRESSE(ストレス)の基本情報

分類 ホテル
所在地 〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3番60号(グランフロント大阪北館タワーC)
エリア グランフロント大阪
最寄駅 JR大阪駅
アクセス JR大阪駅徒歩6分
営業時間  10:00~20:30
入場料 無
定休日 無
駐車場 南館B2F(9:00~24:00) 北館B3F (7:00~24:00) 1600円/60分 以降 300円/30分 3,000円以上で2時間無料、6,000円以上で4時間無料の駐車場優待サービスあり。
TEL  06-6374-5700
公式 https://www.icosaka.com/restaurant/stressed/
備考