阪急うめだ店の催しもの「越智和子の布仕事」で素敵な色を見つけてみたい

関西のイベント

阪急うめだ店では「越智和子の布仕事」と銘打った風を感じる布をテーマにした展示がありました。

越智和子さんといえば、天然素材の布作りをプロデュースしているんですが、今回はその中でも丹波シルク、近江麻、沖縄て織布などの藍染にフォーカスした作品を見ることができます。

OLといえば、やたら布類を持つことって多いんですよね。

職場のクーラー対策や日焼け対策で、ストールが離せない人って多いんじゃないでしょうか?

かくいう私もその一人。

そんな夏の布小物はブルーが一番使いやすいんですよね。

爽やかでいて、どんな服や小物とでも合わせやすく、ピンクほど持つ人を選ばない。

今回の「越智和子の布仕事」では、綺麗なブルーの布小物がたくさんありました。

これを機に、上等な一品を持ってみるっていうのはいかがでしょうか?

いいものは自分自身の気持ちも前向きにしてくれるはずですよ。

それではさっそくレポートします。

 

【藍にもいろんな色がある!自分好みのブルーを探そう】

 

 

会場には大きな越智和子さんのプリントが。

こんな方だったんですね。

なんていっていたら、実は会場にいらしたんです。

びっくりしました。

 

 

まずこちらに見えるのが、テーブルに乗った布類です。

色んなブルーがありますね。

コバルトブルーもあれば、エメラルドグリーンのようなブルーもあります。

どれも素敵で迷ってしまいますね。

 

 

こちらの椅子にかかった藍染はもっと深いブルーです。

奥深くて素敵ですね。

 

 

こんなふうにひとつひとつ織っているんですね。

 

 

みてください!

このブルーの素敵なグラデーション。

見ているだけでほれぼれしてしまいますね。

 

 

 

こちらは丹波シルクの着物です。

深いしみいるようなブルーです。

思わずため息が出そうです。

 

 

こちらの市松模様の布もいまどきのモダンな感じがしますね。

 

 

こちらもいろんなブルーがあって、グラデーションになっていました。

いかがでしたか?これだけあれば、好きなブルーが見つかりそうですね。

 

【場所はここ!】

 

大阪うめだ店

住所:〒530-8350 大阪府大阪市北区角田町8番7号