【話題のイベント】今年は何時間待ち?2018年度の「リプトン」フルーツ・イン・ティーは6万通りから選び放題!(道順解説有り)

今年もやってきました!
紅茶ブランド「リプトン」によるアイスティー専門店『Fruits in Tea To Go OSAKA』(フルーツ・イン・ティー)が今年も期間限定で登場です!
なんと去年は最大4時間待ちです。

今年2018年度はさらにパワーアップして、新食材が増えて6万通り、昨年の1.5倍パワーアップです。
ベースとなる紅茶はアールグレイ、パイナップル&ハイビスカス、グリーンティーの3種から選ぶことができるようになりました。
トッピングフルーツはフローズン仕様になり、冷たく飲めるのもまた今の季節には嬉しいですよね。

嬉しいのは2杯目のおかわりが無料ってことです。無料なので忘れずにもらっちゃいましょう。おかわりスペースにもスパイスがあって、バニラ、ターメリック、シナモン、バニラなどがあるから味を変えて楽しんじゃいましょう。

これは行列にならないはずがありません。
覚悟して並びましょう。

『Fruits in Tea To Go OSAKA』
期間:2018年7月5日(木)〜9月7日(金)※8/22は休み
営業時間:10:00〜21:00(LO20:45)
場所:ディアモール大阪 多目的空間「DiA ROOM(ディアルーム)」
価格:タンブラー1000円、2回目以降タンブラー持参で600円、カップ600円。

 

JR大阪駅からディアモール大阪への行き方を写真を交えて解説します

JR大阪駅からディアモール大阪まではおおよそ徒歩で10分ぐらいです。

JR大阪駅の出口となる改札口は複数ありますがディアモール大阪には中央口から出るのがいいでしょう。
中央口の改札口を出たら右手へと進みましょう。

進んでいくと短い下りのエスカレーターにぶつかります。
このエスカーターを下りましょう。
このままエスカレーターで降りずに先に行くと外に出ます。

エスカレーターを降りると、サウスゲートビルディングの地下に降り立ちます。

そのまままっすぐに歩いていくと左右に「ごちそうパラダイス」という大丸梅田店のデパ地下が見えてきます。
そこをさらにまっすぐに歩いていきます。
そして、サウスゲートビルディングの地下を抜けます。

すると、阪神百貨店が出てきます。
進行方向でいえば、右手が阪神電車、左手が阪神百貨店となります。
そこも通り過ぎてさらにまっすぐ歩くとディアモール大阪に出ます。

こちらがディアモール大阪です。
ディアモール大阪に入ると少し下り坂になります。

そのまままっすぐ歩いていると、ディアモール大阪の中心部ともいえるドームにたどり着きます。
ここで三方に道が分かれます。

梅田DTタワーから右へと延びる道を選んで、北新地駅のほうへ向かいましょう。

梅田DTタワーから右へと延びる道をずっと歩くと多目的空間ディアルームに到着します。
この辺りはおしゃれなブティックが多く立ち並びます。

コメント