【JR大阪駅から歩いて行けるキタエリアのグルメスポット】新鮮な魚はこちらで決まり!名物鯛めしはテイクアウトもオッケー!魚匠「銀平(ぎんぺい)」の行き方、アクセスの方法 JR大阪駅からどうやって行ったらいいの?

関西のグルメ

魚匠「銀平(ぎんぺい)」は魚料理が自慢の和食のお店です。
和歌山に本店を持つ魚匠「銀平(ぎんぺい)」は和歌山の箕島漁港をメインに魚を仕入れていて、とれたての魚介類を中心に季節の海の幸をふんだんに味わえます。
新鮮なお魚が目玉で、煮魚は水と醤油だけで煮るシンプルさでおいしく仕上げています。
これは新鮮でないお魚にはできないことらしく、魚匠「銀平(ぎんぺい)」だからこその自慢です。

魚匠「銀平(ぎんぺい)」の名物は信楽の土鍋で炊き上げる「鯛めし」です。
石川県能登産コシヒカリと昆布だしで炊き上げた鯛めしは、お料理のシメに頼む人が多いようなのですが、食べきれなくてもおにぎりにして持って帰れるようにしてくれるというから安心です。
もちろん、最初からテイクアウトという選択も可能です。
テーブルだけでなく、座敷もあるので、大人数や子供連れの宴会にも利用できそうですね。
和歌山の自然の海がもたらした恵みを、大阪で堪能できるだなんて素敵ですね。

 

JR大阪駅からグランフロント大阪南館の魚匠「銀平(ぎんぺい)」に行く方法を写真を交えて詳しく解説します

魚匠「銀平(ぎんぺい)」はグランフロント大阪8階のうめきたダイニングにあります。
JR大阪駅からグランフロント大阪は徒歩約1分です。

JR大阪駅の出口となる改札口は複数ありませんが、グランフロント大阪に行くにはJR大阪駅中央口から出るのがいいでしょう。
中央口の改札口を出たら左手へと進みましょう。

進んでいくと前方にエスカレーターが見えてきます。

上りのエスカレーターに乗りましょう。

エスカレーターを上りきると目の前にグランフロント大阪が見えてきます。
建物の方へと進んでいきましょう。

グランフロント大阪に連絡する通路があるので、そこを進んでいきましょう。

グランフロント大阪南館に到着です。
ここはちょうど2階フロアになります。
そのまままっすぐいくと北館の入り口に到着しますが、魚匠「銀平(ぎんぺい)」はここから8階に上がっていきます。

 

 

グランフロント大阪・魚匠「銀平(ぎんぺい)」の基本情報

分類 レストラン
所在地 〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町4−1
エリア グランフロント
最寄駅 JR大阪駅
アクセス JR大阪駅徒歩1分
営業時間 11:00〜23:00
定休日 無
駐車場 南館B2F(9:00~24:00) 北館B3F (7:00~24:00) 1600円/60分 以降 300円/30分
TEL  06-6485-7310
公式 http://www.gfo-sc.jp/shop/detail?shopid=00000248
備考

 

コメント