OL人気がじわじわ来ている?大阪からも近い!見どころいっぱいの小豆島に行ってみよう!

関西発☆旅行体験

クラブツーリズムのツアーで小豆島に行ってきました!

小豆島といえば四国の端、とても遠いイメージですが、実際にフェリーに乗っている時間は1時間ぐらいです。

今回のツアーは1泊旅行で、小豆島の色々なところを巡ることができましたよ。

海に囲まれた小豆島はまさに24の瞳の世界でした。海の素敵な風景に女性はきっと感動してしまいますよ。

 

小豆島に行って初めて乗ったのがフェリーです。

今回のツアーは操舵室の中を見せてもらえました。

こんなびっくりイベントはツアーならではですね。

それではさっそくレポートします。

 

【フェリーに乗るのは神戸港から!気づいたらすでに船の上】

 

 

こちらは小豆島フェリーの乗り場です。

フェリーって初めて乗ったんですが、バスのまま船に入って、入った先で船内に移動するんです。

ちょうど車やバスは船底の方に駐車することになり、フェリーの中に入るには、そこから階段を上がって行くんです。

知らないうちにバスは船の上にとまっていました。

そして、知らないうちに船も動いていました。

船が動いてから、船室に移動です。

フェリーってこんなにスムーズに乗ることができるんですね。

ちょっとびっくりしました。

 

【小豆島といえばオリーブ。おりーぶしまちゃんが船の中でお出迎えです】

 

 

こちらがフェリーのカウンターです。

こちらでコーヒーやうどんなどを注文することができます。

奥にはちゃんと炊事場もあってちょっとしたミニキッチンですね。

コクピットのようにコンパクトで面白かったです。

 

 

フェリーの中でお酒を飲む人も多いのか、おつまみがけっこう売っててびっくりしました。

やっぱりフェリーって、ただの移動手段ではなくて、旅行の一種なんですね。

他にもコーヒーやうどんのような軽食もありましたよ。

 

 

こちらはうどんです。

こちらに七味が用意されているので、自分で好きなだけかけて食べるんですね。

 

 

小豆島のマスコット、おりーぶしまちゃんと一緒にいただきます。

 

【小豆島のオリーブグッズがここでも手に入る!買い物時間が十分とれるのもいいですね】

 

 

 

さて、フェリーの中には軽食以外にもオリーブ製品が色々と売っていました。

フェリーに乗っている時間は1時間ぐらいかかるので、この間にお買い物というのもまた時間を有効に利用できていいかもしれませんね。

 

【はじめての操舵室にドキドキ!気分は船長さんでした】

 

 

 

 

 

今回のツアー、実は操舵室の中を見ることができる特典がありました。

普通にはありえない、ツアーならではですよね。

操舵室って、運転席ということです。

飛行機だったらハイジャックものですよね。

なのに、今回は入れてもらえたんです。

これってすごいことですよね。

操舵室の中からは海の様子もよく見えました。

船長の気分が味わえましたよ。

 

いかがでしたか?小豆島は大阪からも近いし、みどころも多いのでお勧めです。

海に囲まれた島で、日ごろの疲れをリフレッシュするのもいいですよね。